産後のムダ毛処理に最適な方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

出産後のムダ毛の処理について

産後の女性
産後の女性の体は、妊娠によるホルモンバランスの変化によりデリケートな状態となります。

そのため、産後に脱毛施設に通って脱毛を受けても、毛根細胞が機能してない影響により可視光線が反応しにくくなります。

また、家庭用脱毛器で脱毛を施す際は、脱毛施設に通う時間を確保せずに自宅で脱毛できますが、光線が反応しにくいので脱毛効果を発揮しにくいです。

なので、産後は脱毛するよりムダ毛処理で対応するのが、赤ちゃんの面倒を見る時間と両立しやすいです。

けれども、産後はホルモンバランスの乱れにより男性ホルモンの割合が多くなるので、妊娠前より濃いムダ毛が生えることになります。

そのため、剃刀や毛抜きによる自己処理だと、妊娠前と比べて誤った方法でムダ毛処理しがちになります。

なぜなら、産後は肌が敏感な状態となるので、妊娠前より肌に余計な刺激を与えやすくなるからです。

剃刀負けや深剃りするリスクを避ける

産後は濃いムダ毛が増える傾向にあるので、毛抜きだと時間が掛かるだけでなく肌を大きく傷つけることになります。

一方、剃刀でも妊娠前より力の加減が困難となるので、妊娠前より剃刀負けや深剃りに悩まされる恐れが高まります。

よって、産後においてムダ毛処理を施す際は、剃刀より肌に与える刺激を抑えられる電動シェーバーが最適となります。

電動シェーバーの刃の構造が肌に直接刃が触れない形となるので、剃刀負けや深剃りするリスクに悩まされにくくなります。

その上、電動シェーバーは妊娠前と同じようにムダ毛処理を施せるので、剃刀より安全にムダ毛を処理できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*