ワキガになる原因と脱毛施設による脱毛でワキガの臭いを改善できる理屈

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脱毛でワキガは治るのか

ワキガが気になる女性
脇毛を自己処理する際に毛抜きで脇毛を抜くと、肌に刺激を与えるだけでなく毛穴を広げることになります。

そのため、毛穴が傷つくことになるので皮脂が分泌されやすくなります。

また、脇にあるアポクリン腺は毛穴に隣接しているので、毛穴が傷つくことで皮脂を多く含む汗を出すようになります。

なぜなら、アポクリン腺から出る汗には水分の他にも、脂質や糖質を含むのでワキガを進行させる原因となるからです。

そして、毛抜きでの自己処理において毛穴が傷つくと、毛穴が炎症を起こすので毛穴から雑菌が入り込みやすくなります。

その影響により、毛抜きで脇毛を処理するとアポクリン腺を活発化させるだけでなく、脇にニキビや黒ずみができる原因にもなります。

ワキガの原因となるアポクリン腺

さらに、毛を抜くことで毛穴が広がるので、アポクリン腺から出る汗の量が増えるので、ワキガの臭いを強めることになります。

なので、毛を抜く自己処理は脇の毛穴を傷つけるので、毛穴を傷つけずに脱毛する場合は脱毛施設での脱毛が安全となります。

なぜなら、脱毛施設ではアポクリン腺を強く刺激する恐れがないので、ワキガの原因となるアポクリン腺の汗の分泌量が増えるリスクがないからです。

その上、脱毛施設なら脇毛の毛根を死滅できるので、脇毛を生えにくくできます。

脇毛が生えにくくなることで、アポクリン腺の汗が脇毛につかなくなるのでワキガの臭いが悪化する恐れが無くなります。

そして、毛穴に隣接するアポクリン腺は脇毛がないと存在できないので、脱毛施設での脱毛により脇をツルツルに保つことが可能となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*