脱毛サロンの勧誘を上手く断る方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脱毛サロンの勧誘について

勧誘を断る女性
脱毛サロンに勤めるスタッフは、基本的に1日でも早く利用させようと勧誘を強く勧めてきます。

そのため、勧誘を上手く断る場合は、肌が弱いことを明確に伝えるのがお勧めとなります。

なぜなら、店舗で勧誘を受けてすぐに契約するよりも、勧誘を断ることで自宅で契約するかを考える時間が生まれるからです。

また、肌が弱くても脱毛によって肌が痒みを伴ったり赤く腫れたりすることをはっきり言うスタッフは、脱毛で肌トラブルに追われることを理解しています。

なので、断り方として肌が弱いことを主張するのは、店舗のスタッフの態度と知識を知ることに繋がります。

なぜなら、インターネットの口コミや評価を利用しても、店舗の雰囲気やスタッフの態度がどうかを明確に知るのが難しいからです。

脱毛サロンの勧誘を適切に断る

脱毛サロンに通った際に肌トラブルに追われた経験があることを伝えれば、ほんとに肌が弱い人だと強調付けることができます。

けれども、スタッフは勧誘することに時間を割く傾向が強いので、相手のペースに乗せられて勢いで契約しないようにする注意があります。

他にも、脱毛サロンに初めて通うならば、脱毛によって肌に異常が出て利用しづらい印象があることを主張するのがポイントです。

なぜなら、脱毛サロンに通ったことがない人だと、スタッフの勧誘によってすぐに契約してしまうことが多いからです。

なので、脱毛サロンの勧誘を上手く断るなら、肌が弱いので脱毛で肌トラブルに追われることを主張すると、相手が引き下がりやすくなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*