埋没毛の原因と処理方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

埋没毛について

埋没毛に悩む女性
皮膚の中で毛が埋もれている毛である埋没毛は、主に足や脇といった濃い毛が生えやすい部位にできやすい毛です。

そして、デリケートゾーンにもできやすいので、埋没毛によって見た目に大きく影響することになります。

なぜなら、埋没毛は無駄毛の自己処理で誤った方法により、黒ずみである色素沈着が起こることにもなります。

さらに、埋没毛は放置することで毛嚢炎ができることになるので、埋没毛に悩まされずに無駄毛を処理するならクリニックで脱毛を受けるのがお勧めとなります。

また、自己処理で無駄毛の処理を行う際でも正しいやり方で行うことにより、埋没毛に悩まされにくくなります。

埋没毛の原因を良く理解する

ちなみに、埋没毛ができやすい原因として、剃刀や毛抜きでの自己処理が主な原因として上がります。

理由として、誤った方法による自己処理は、無駄毛が出てくる毛穴が角質で覆われることになる上に、かさぶたでも覆われます。

そのため、毛が皮膚の外に出れなくなるので、毛が皮膚の中で成長して埋没毛となります。

つまり、自己処理で無駄毛を処理する場合は、剃刀で行う時は肌にシェービングローションを塗ってから行うのが埋没毛を防ぐポイントになります。

また、毛抜きでの自己処理は埋没毛に繋がりやすくなるだけでなく、肌を傷つけやすくなります。

よって、毛抜きで無駄毛を処理しないことが埋没毛にならなくなるポイントになりやすくなります。

それでも、クリニックに行かずに自己処理する際は、剃刀であれば毛が生えている向きに剃るのが埋没毛を処理する方法に繋がります。

なので、埋没毛を剃刀によって処理するならば、肌が乾燥した状態で行わないのが重要となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*