自己処理のデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
kenuki

私は小学校のころから、毛深かったこともあり、髭や腋毛を毛抜きで脱毛していました。
ただし、自分で処理をするにはいくつかの不便な点があります。

専門の脱毛サロンで脱毛してもらった時との比較ですが、次に毛が生えてくるまでの時間が短いことです。
毛抜きで脱毛しても2〜3日経つと、またすぐに生えてきてしまうので、剃っているときと比較してあまり処理のサイクルが変わりません。

脱毛してもらった時には次に生えてくるまで2週間くらい維持できていました。また、脱毛サロンでは皮膚のケアもしっかりとしてくれます。
専用のジェルを塗ってもらいこれが制毛効果や美肌効果があります。自分で抜いた場合、抜いた毛穴が開いてしまうので、
皮膚の汚れがそこに溜まり、黒ずみの原因や、また毛が生えてきたときに埋没してしまい、黒いボツボツのような感じで不快な感触になってしまいます。

毛を抜いた時に、毛穴の奥で、目では確認できない出血を起こしていることも多く、皮膚に負担を与えてしまう要素がたくさんあります。

 自分で行う脱毛は、お金もかからず、美容目的で行われることが多いですが、同時に皮膚に負担を与えていることも忘れてはなりません。
現在は、1回1,000円か、それよりも安価なお試しコースなど、若い人たちでも気軽に体験できるコースを持つ脱毛サロンも多くなってきています。
髭や手足を脱毛した結果、肝心の肌の状態がよくなければ元も子もありません。
目や歯などを検診してもらうときと同じように、専門家にしっかりとサポートしてもらいながら行いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*