2017年 11月 の投稿一覧

ワキガになる原因と脱毛施設による脱毛でワキガの臭いを改善できる理屈

脱毛でワキガは治るのか

ワキガが気になる女性
脇毛を自己処理する際に毛抜きで脇毛を抜くと、肌に刺激を与えるだけでなく毛穴を広げることになります。

そのため、毛穴が傷つくことになるので皮脂が分泌されやすくなります。

また、脇にあるアポクリン腺は毛穴に隣接しているので、毛穴が傷つくことで皮脂を多く含む汗を出すようになります。

なぜなら、アポクリン腺から出る汗には水分の他にも、脂質や糖質を含むのでワキガを進行させる原因となるからです。

そして、毛抜きでの自己処理において毛穴が傷つくと、毛穴が炎症を起こすので毛穴から雑菌が入り込みやすくなります。

その影響により、毛抜きで脇毛を処理するとアポクリン腺を活発化させるだけでなく、脇にニキビや黒ずみができる原因にもなります。

ワキガの原因となるアポクリン腺

さらに、毛を抜くことで毛穴が広がるので、アポクリン腺から出る汗の量が増えるので、ワキガの臭いを強めることになります。

なので、毛を抜く自己処理は脇の毛穴を傷つけるので、毛穴を傷つけずに脱毛する場合は脱毛施設での脱毛が安全となります。

なぜなら、脱毛施設ではアポクリン腺を強く刺激する恐れがないので、ワキガの原因となるアポクリン腺の汗の分泌量が増えるリスクがないからです。

その上、脱毛施設なら脇毛の毛根を死滅できるので、脇毛を生えにくくできます。

脇毛が生えにくくなることで、アポクリン腺の汗が脇毛につかなくなるのでワキガの臭いが悪化する恐れが無くなります。

そして、毛穴に隣接するアポクリン腺は脇毛がないと存在できないので、脱毛施設での脱毛により脇をツルツルに保つことが可能となります。

アンダーヘアの脱毛をカミソリでやると何度も処理が必要になる

アンダーヘアの脱毛に関して

アンダーヘアの脱毛
アンダーヘアの脱毛はカミソリを使って行うこともできますが、どうしても避けられない問題があります。

それはカミソリを使って処理をしても、またすぐに伸びてきますから、定期的に手間をかけていかないといけないということになります。

したがって、何度も何度もアンダーヘアの脱毛をしていかないといけないということになりますから、その部分は絶対に知っておかないといけないのです。

脱毛サロンにおける脱毛

脱毛サロンにおいて脱毛をしてもらえれば、そういった手間をかけないで済みますから、やはりアンダーヘアの脱毛においてカミソリを使うときのデメリットの1つとして知っておくべきなのです。

脱毛サロンと比べると、間違いなくお金はかかりませんし、経済的にはメリットがあると言えますが、手間の部分に関してはどうしてもカミソリはデメリットが大きいです。

一定間隔でアンダーヘアの脱毛をしていかないといけないということになるので、永続的に自分で処理をしていかないといけないという意味では、手間の大きさはかなりのものになるということが言えると思います。

自分でやるとなれば絶対に手間は必要になってくると言えるので、カミソリ以外の方法でも共通するデメリットと言えそうですけど、カミソリを使ってアンダーヘアの脱毛をするという人は絶対に覚えておいてほしいのです。

脱毛サロンの勧誘を上手く断る方法について

脱毛サロンの勧誘について

勧誘を断る女性
脱毛サロンに勤めるスタッフは、基本的に1日でも早く利用させようと勧誘を強く勧めてきます。

そのため、勧誘を上手く断る場合は、肌が弱いことを明確に伝えるのがお勧めとなります。

なぜなら、店舗で勧誘を受けてすぐに契約するよりも、勧誘を断ることで自宅で契約するかを考える時間が生まれるからです。

また、肌が弱くても脱毛によって肌が痒みを伴ったり赤く腫れたりすることをはっきり言うスタッフは、脱毛で肌トラブルに追われることを理解しています。

なので、断り方として肌が弱いことを主張するのは、店舗のスタッフの態度と知識を知ることに繋がります。

なぜなら、インターネットの口コミや評価を利用しても、店舗の雰囲気やスタッフの態度がどうかを明確に知るのが難しいからです。

脱毛サロンの勧誘を適切に断る

脱毛サロンに通った際に肌トラブルに追われた経験があることを伝えれば、ほんとに肌が弱い人だと強調付けることができます。

けれども、スタッフは勧誘することに時間を割く傾向が強いので、相手のペースに乗せられて勢いで契約しないようにする注意があります。

他にも、脱毛サロンに初めて通うならば、脱毛によって肌に異常が出て利用しづらい印象があることを主張するのがポイントです。

なぜなら、脱毛サロンに通ったことがない人だと、スタッフの勧誘によってすぐに契約してしまうことが多いからです。

なので、脱毛サロンの勧誘を上手く断るなら、肌が弱いので脱毛で肌トラブルに追われることを主張すると、相手が引き下がりやすくなります。

埋没毛の原因と処理方法について

埋没毛について

埋没毛に悩む女性
皮膚の中で毛が埋もれている毛である埋没毛は、主に足や脇といった濃い毛が生えやすい部位にできやすい毛です。

そして、デリケートゾーンにもできやすいので、埋没毛によって見た目に大きく影響することになります。

なぜなら、埋没毛は無駄毛の自己処理で誤った方法により、黒ずみである色素沈着が起こることにもなります。

さらに、埋没毛は放置することで毛嚢炎ができることになるので、埋没毛に悩まされずに無駄毛を処理するならクリニックで脱毛を受けるのがお勧めとなります。

また、自己処理で無駄毛の処理を行う際でも正しいやり方で行うことにより、埋没毛に悩まされにくくなります。

埋没毛の原因を良く理解する

ちなみに、埋没毛ができやすい原因として、剃刀や毛抜きでの自己処理が主な原因として上がります。

理由として、誤った方法による自己処理は、無駄毛が出てくる毛穴が角質で覆われることになる上に、かさぶたでも覆われます。

そのため、毛が皮膚の外に出れなくなるので、毛が皮膚の中で成長して埋没毛となります。

つまり、自己処理で無駄毛を処理する場合は、剃刀で行う時は肌にシェービングローションを塗ってから行うのが埋没毛を防ぐポイントになります。

また、毛抜きでの自己処理は埋没毛に繋がりやすくなるだけでなく、肌を傷つけやすくなります。

よって、毛抜きで無駄毛を処理しないことが埋没毛にならなくなるポイントになりやすくなります。

それでも、クリニックに行かずに自己処理する際は、剃刀であれば毛が生えている向きに剃るのが埋没毛を処理する方法に繋がります。

なので、埋没毛を剃刀によって処理するならば、肌が乾燥した状態で行わないのが重要となります。

産後のムダ毛処理に最適な方法について

出産後のムダ毛の処理について

産後の女性
産後の女性の体は、妊娠によるホルモンバランスの変化によりデリケートな状態となります。

そのため、産後に脱毛施設に通って脱毛を受けても、毛根細胞が機能してない影響により可視光線が反応しにくくなります。

また、家庭用脱毛器で脱毛を施す際は、脱毛施設に通う時間を確保せずに自宅で脱毛できますが、光線が反応しにくいので脱毛効果を発揮しにくいです。

なので、産後は脱毛するよりムダ毛処理で対応するのが、赤ちゃんの面倒を見る時間と両立しやすいです。

けれども、産後はホルモンバランスの乱れにより男性ホルモンの割合が多くなるので、妊娠前より濃いムダ毛が生えることになります。

そのため、剃刀や毛抜きによる自己処理だと、妊娠前と比べて誤った方法でムダ毛処理しがちになります。

なぜなら、産後は肌が敏感な状態となるので、妊娠前より肌に余計な刺激を与えやすくなるからです。

剃刀負けや深剃りするリスクを避ける

産後は濃いムダ毛が増える傾向にあるので、毛抜きだと時間が掛かるだけでなく肌を大きく傷つけることになります。

一方、剃刀でも妊娠前より力の加減が困難となるので、妊娠前より剃刀負けや深剃りに悩まされる恐れが高まります。

よって、産後においてムダ毛処理を施す際は、剃刀より肌に与える刺激を抑えられる電動シェーバーが最適となります。

電動シェーバーの刃の構造が肌に直接刃が触れない形となるので、剃刀負けや深剃りするリスクに悩まされにくくなります。

その上、電動シェーバーは妊娠前と同じようにムダ毛処理を施せるので、剃刀より安全にムダ毛を処理できます。